アップルケアを最大限活用

iPhoneの生みの親であるアップルはiPhoneに対して様々な保証を用意しています。
皆さんもiPhoneの購入されたときにいくつかのサービスに加入しているかもしれませんが、
実際のところどうなっているのか、どのようなサービスだったのかを忘れている人もいることでしょう。
どれだけ良い保証が用意されていても、実際に使わなければ宝の持ち腐れです。
今回はiPhone修理の要となるアップルケアやそれに関する修理サービスについて詳しく見ていきましょう。

iPhoneを購入した際にはデフォルトで1年の保証期間が設定されています。
過失や事故が原因ではない故障の場合は、無料で修理してくれることもあるのです。
この保証期間をさらに伸ばしたいときはアップルケアというサービスに別途加入する必要があります。
アップルケアプラスでは保証期間の延長だけではなく、修理費用の割引というサービスも受けられるのです。
iPhoneが故障する原因は様々です。

これはiPhoneが脆いというよりも日常的に使われるアイテムということで、故障を導く原因に晒されやすいことが理由といえます。
ホームボタンや画面といったiPhoneを利用するうえで必要不可欠なパーツの故障は一大事ですよね。
アップルケアプラスではこうした故障に対する修理も請け負っており、
アップルケアプラスに加入していない人よりも低価格で修理してもらえるのです。
未加入者では数万円の費用がかかる修理でも、アップルケアに加入しているということで半額未満で修理してもらえるケースも少なくありません。
アップルケアプラスに加入しているのか、自分の保証期間はどうなっているのかを知りたいときは
アップルサポートからシリアル番号を入力し、端末の保証に関する情報を参照しましょう。

iPhoneをアップルに修理してもらう際には、最寄りのアップルケアに持ち込むという方法が最も手軽です。
ただし、アップルストアでの修理においてはウェブページからの予約が必要となっているのでご注意ください。
アップルIDとパスワードをもとに予約することになるので、事前に確認しておきましょう。
アップルの公式プロバイダや販売元のキャリアにおいても、iPhoneを修理してもらうことが出来ます。
このときには予約がいらない場合もありますが、料金や修理の機関についてはアプルストアと異なることも多いので、
こちらもまた事前の問い合わせや確認が必須といえます。
地方にお住いの方であれば、配送サービスを利用するおも一つの手段です。

こちらはiPhoneを宅配業者が回収し、修理が終わった後にまた届けてくれるというものです。
配送に時間がかかるのでiPhoneがお手元に戻ってくるまでの期間は長くなる傾向にありますが、
地方にお住まいなどの理由でアップルストアやアップル公式プロバイダを利用出来ないという人はこちらが強い味方となってくれるでしょう。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA