未分類

You are currently browsing the archive for the 未分類 category.

自動車やお気に入りの靴を長持ちさせるには、定期的な清掃やメンテナンスが不可欠です。
道具を大切に扱うことは余計な出費を減らすことにも繋がります。
メンテナンス費用をケチった結果甚大な故障を招き、修理費用がかえって高くついてしまったという経験がある人もいると思います。
iPhoneも定期的なクリーニングが重大な故障を予防するのに一役買っているのです。
今回はiPhone修理店で行っているクリーニングについて詳しく見ていきましょう。

iPhoneの非正規修理店では定期的なクリーニングを実施しているところがあります。
クリーニングというと不要なアプリやデータを消去して、iPhoneの要領を軽くすることを指す場合もありますが、
ここでは物理的に汚れを落とすという意味のクリーニングです。
iPhoneは内部に埃が溜まってしまうと、回路やケーブルに異常をきたす恐れがあります。
精密機械であるパソコンも、埃が立たないような場所で利用するのが当たり前ですよね。
iPhoneも本来はそうであるべきなのですが、実際は街中をはじめとした様々な環境に晒されているので、
どうしも細かい粉塵やゴミが本体に入り込んでしまう可能性を否定出来ないのです。

ペットと暮らしている方のiPhoneには動物の毛が内部に入り込んでいることもあります。
こうした小さな物体が精密機械であるiPhoneには命取りになってしまうのです。
iPhone修理店でのクリーニングは本体を開いて内部を徹底的に清掃してくれます。
iPhoneを開くこと自体は私たち素人の手にも可能ですが、実際の清掃となると話は別です。
ちょっとした衝撃がiPhoneの内部にどのような影響を与えるのかわからないまま清掃してしまうと、
掃除をする前以上にiPhoneの調子がおかしくなってしまう恐れも捨てきれません。
iPhone修理店にはプロのスタッフが揃っていますから、いくつものiPhoneクリーニングを通して
迅速かつ丁寧な仕事をしてくれるという安心感を持って任せられることでしょう。
埃やチリといった灰燼は、iPhone本体内部の汚してしまいます。

特に縁部分に汚れが溜まりやすく、数年間使ったiPhoneの内部が真っ黒になっているという光景も珍しくありません。
こうした不潔な状態からiPhoneを救ってあげることもユーザーの使命といえるでしょう。
iPhone修理店によっては、iPhoneの内側だけでなく外側もクリーニングしてくれるところがあります。
街中に溢れる雑菌は知らないうちにiPhoneにも付着しており、それが皆さんの手を不潔な状態に変えているかもしれません。
紫外線照射などの方法を利用してiPhoneから雑菌を取り除き、綺麗な状態で手に戻ってきたら、気持ち良くiPhoneを使えることでしょう。
iPhoneのクリーニングについて気になった方は、お近くのiPhone修理店にお尋ねください。

物事には原因と結果が存在し、それを究明することが問題解決のための近道であることは皆さんもご存知だと思います。
それはiPhoneの故障についても同様であり、iPhone修理店を頼る前にまずは自分で
故障の原因を探っておいた方が修理店に持っていったときにスムーズに修理してもらえる可能性が高くなるのです。
今回はiPhone修理店を訪ねる前に確認しておきたいiPhoneが壊れる原因について詳しく見ていきましょう。

iPhoneが全く起動しなくなってしまったというケースが、故障において最も困るケースと思われます。
ホームボタンを押しても全く反応がないと、電話もメールも確認出来ません。
こういった故障の原因として考えられるのが、水にぬれた、
もしくは水没したせいで内部の回路がショートしてしまった可能性があります。
水場の近くでiPhoneを触らなくてはいけない方や、トイレでiPhoneを触る癖がある人は水没させないように注意しましょう。

水没した直後は使えたとしても、その後に落下させてしまったり強い衝撃を与えた場合は、
水に落ちてしまったことが故障の遠因性をはらんでいる可能性があります。
iPhone修理店を訪ねたときに水没の経験があるという場合は、その旨を修理店側に伝えておくと良いでしょう。
ホームボタンやスリープボタンが故障しているせいでiPhoneが起動できないという場面も見られます。
こちらはボタンそのものが接触不良を起こしているケースだと、本体の交換もやむを得ない事態といえます。

しかし、iPhoneのデータ容量があまりに多すぎるためにボタンを押しても
反応しにくくなっているという場合もあるので、普段から容量を気にしてiPhoneを利用する、
利用していないアプリはこまめに閉じるといった工夫でこうした事態を防ぎましょう。
iPhoneが全く起動しない原因としては充電が切れてしまっていることが原因になっていることもあります。
充電をこまめに確認するのはもちろんですが、動かなくなった場合はとにかく一度充電器に刺してみましょう。
それでも何一つ反応しない際には充電に関するトラブルが起きている可能性が高いのです。

充電器と本体のコネクタの接触不良である場合、充電器の交換やコネクタの清掃によって再び充電することが可能になります。
バッテリーの機能が著しく低下していると、満タンまで充電しても数時間足らずで持たなくなってしまうこともあるので注意が必要です。
その際にはバッテリー交換をすることが将来において便利にiPhoneを使うための方策なので、修理店に持っていくようにしましょう。
iPhoneが故障する原因は様々ですが、それを見分ける方法を知っておくことで修理店側にスムーズな修理をお願いすることが出来るのです。

大切なiPhoneが壊れてしまったとき、修理店に持っていくという状況で皆さんがしなくてはいけない手順というものが存在します。
これを事前に知っているかどうかで、修理店に持っていくまでの手間や労力が変わってくるのです。
今回はiPhone修理において欠かせないSIMカードの取り外しについて詳しく見ていきましょう。

アップルストアでiPhoneを修理してもらおうと考えたとき、SIMカードを取り出すという作業が不可欠になります。
なぜかというと、アップルストアにおけるiPhone修理は本体を交換するという手順を踏むことが多く、
SIMカードを事前に抜いておかないとiPhoneに集積したデータや個人情報が失われてしまう恐れがあるからです。
そもそもSIMカードとはどのようなものなのか知らないという人もいるかもしれませんので、ここで解説しておきます。
SIMカードを外すという言葉を聞いたとき、違和感を覚える人の中には自分で嵌めた覚えもないのになぜ外すのかという思いを抱くことでしょう。

iPhoneが壊れてしまった場合どうするか?「iPhone修理のよくある疑問にプロが答える69連発!

SIMカードは多くの場合、iPhoneの購入した段階で本体に装着されています。
そのため、iPhoneユーザーが殊更にその存在を意識することは少ないのです。
SIMカードは大きさによって3種類に分けられます。
標準サイズにマイクロサイズ、そしてナノサイズです。
最新のスマートフォンに良く導入されているのがマイクロSIMというSIMカードです。
iPhoneよりもアンドロイドなどの携帯電話に使われることも多く、標準とナノの中間の大きさをしています。
標準SIMカードは最も大きなSIMカードで古いタイプのスマートフォンによく見られます。
ナノサイズのSIMカードはiPhone5以降のiPhoneに導入されています。
最も小さなSIMカードなので取り外した後は無くさないように注意する必要があります。

このSIMカードにはスマートフォンに関するあらゆるデータが入っています。
本体を物件に例えるなら、SIMカードはそこに住んでいる人のようなもので、SIMカードを入れ替えることで引っ越しが完了するのです。
キャリアショップでiPhoneの機種交換をしている人は、
店員がSIMカードの入れ替えをしてくれているので気づかないことも多いですが、
新しい機種にSIMカードを入れるという作業が機種変更には欠かせないのです。
SIMカードを取り出すにはiPhoneの側面にあるトレイを引き出す必要という手順を実行します。

非常に小さな穴がiPhoneの側面、正確には画面を見たときの右側面に存在するので、
底をペーパークリップなどで押し込みましょう。
トレイが出てきたらそこからSIMカードを外し、今度はトレイをもとの状態に戻してください。
アップルストアでの修理をする際には代替機を貸し出してくれることもあるので、
そちらを利用したいときは今の手順を応用してSIMカードを挿入することになります。

行きつけのレストランやスーパーなど普段利用するお店には行きつけというものがある人も多いことでしょう。
普段から利用している分安心感がありますし、お店がどのようなラインナップを揃えているかも
よくわかっているので、利用しやすいのが行きつけのメリットです。
しかし、iPhone修理店に関しては困ったときに利用する施設ですから、
iPhoneが壊れたときなって初めてお店を探し始めるという状況が多々あります。
今回は、そんなときに困らないためにiPhone修理店を探す方法について詳しく見ていきましょう。

iPhone修理店を探すための方法として最も有効といえるのがインターネットの検索エンジンです。
「iPhone 修理店」というワードで検索すればいくつものページを閲覧することが出来ます。
しかしそれではあまりに数が膨大なので、ここから絞り込んでいく必要があるのです。
正規のお店、いわゆるアップルの認可がある修理店を探す際には
アップルストアや公式プロバイダといったワードを修理店の代わりに打ち込んでみてください。

忘れてはならないのが、皆さんのお住いの地域です。
北海道にお住いの方が東京のお店に関するページを見ても実際に利用するのが難しいでしょうから、
自分が通えるエリアを検索エンジンに入力するのがベターといえます。
ただし、アップルストアでは配送サービスによってiPhoneを回収し、修理した後に届けてくれるという修理の方法を採用しています。
こちらは配送のために一定の期間を要するので時間に余裕がある方が利用すべき手段といえます。
公式プロバイダは家電量販店などに配備されていることも多いので、そういったお店の名前を検索するのも良いでしょう。
大手携帯電話会社の販売店でもiPhone修理を行っていることがあるので、お近くにキャリアショップがある人はそちらの情報もご参照ください。

非正規の修理店を探す際には、「iPhone 修理」というワードに居住している地域を入力するのが最も手軽な検索方法です。
非正規のお店はそれぞれ修理費用や修理のメニューが異なります。
とにかく安い値段で修理したい人は、低価格というワードを加えると良いでしょう。
「値段 比較」というワードを打ち込んで検索にかけると、
様々なiPhone修理店の一覧と共に修理項目の値段を見比べることが出来るページに到着します。
こうした比較ページは値段以外にも様々な項目を比べることが出来るので、
じっくり修理店を選びたいという人は参考にしてみてください。
インターネットというツールを上手に活用していくことが、iPhone修理店を探していくうえで不可欠なテクニックであるといえるのです。

外食をするに際しても、TPOを見極めたお店選びをするのが常識ですよね。
サクッと食べてしまいたいときはファーストフードが便利ですし、
大切な恋人とデートをするなら高級レストランを予約することもあるでしょう。
iPhone修理を業者に依頼する場合には大きく正規店と非正規店に分けられます。
この2つもまた時と場合によって使い分けることで、より便利にiPhoneを修理することが出来るのです。
今回は、iPhoneの正規店と非正規店の違いについて詳しく見ていきましょう。

そもそも正規店というのはiPhoneの開発元であるアップルの認可を受けている修理店です。
具体的には、アップルストアやアップルストアの公式プロバイダなどが挙げられます。
公式プロバイダは家電量販店などに構えていることが多いので、
最寄りのお店にあるかどうか気になる方は、検索エンジンを利用して調べてみましょう。
また、携帯電話の三大キャリアの販売店でもアップルの認可を受けた修理サービスを実施しているところがあるのです。
この正規店の魅力は、何といっても手厚い保証と確かな修理の質です。

iPhoneは基本的に1年間の保証期間がありますが、アップルケアプラスというサービスに加入することで、それを延長することが出来ます。
さらには、バッテリー交換や画面の損傷といったiPhoneの故障を、サービスに加入していない人よりも低価格で行ってくれるのです。
iPhoneは精密機器ですから、壊れてしまったときに自分で直すのは難しいといえます。
いざというときのセーフティーネットとしてアップルケアプラスに加入しておくと、
故障が原因で高い修理費用を払うことになったという事態を避けられるのです。
非正規のiPhone修理店は、アップルストアよりも日本各地に遍在しており、気軽に通いやすいという魅力があります。

アップルストアでの修理は事前の予約や配送サービスの利用が不可欠ですが、
非正規店の多くはお店に直接iPhoneを持っていけばその場で点検、修理をしてくれます。
ただし、修理店によって修理のメニューも違いますし、修理に使用しているパーツが純正品でないことが多いのも事実です。
その代わりに、正規店よりも低価格で、短い期間に修理を終えてくれるのがメリットなのです。
腕のいい非正規店であれば、ちょっとした故障を1時間足らずで修理してくれるというのも珍しくありません。
非正規店は粗悪なまがい物だと決めつけるのではなく、評判や口コミなどをもとに評価したうえで利用するかどうか決めると良いでしょう。
信頼と安心の正規店か、早くて安い非正規店か。
iPhoneが壊れた際にどちらに修理してもらうかは、皆さん自身が置かれた環境やiPhoneを必要とするシチュエーションに合わせて選択してください。

iPhoneの生みの親であるアップルはiPhoneに対して様々な保証を用意しています。
皆さんもiPhoneの購入されたときにいくつかのサービスに加入しているかもしれませんが、
実際のところどうなっているのか、どのようなサービスだったのかを忘れている人もいることでしょう。
どれだけ良い保証が用意されていても、実際に使わなければ宝の持ち腐れです。
今回はiPhone修理の要となるアップルケアやそれに関する修理サービスについて詳しく見ていきましょう。

iPhoneを購入した際にはデフォルトで1年の保証期間が設定されています。
過失や事故が原因ではない故障の場合は、無料で修理してくれることもあるのです。
この保証期間をさらに伸ばしたいときはアップルケアというサービスに別途加入する必要があります。
アップルケアプラスでは保証期間の延長だけではなく、修理費用の割引というサービスも受けられるのです。
iPhoneが故障する原因は様々です。

これはiPhoneが脆いというよりも日常的に使われるアイテムということで、故障を導く原因に晒されやすいことが理由といえます。
ホームボタンや画面といったiPhoneを利用するうえで必要不可欠なパーツの故障は一大事ですよね。
アップルケアプラスではこうした故障に対する修理も請け負っており、
アップルケアプラスに加入していない人よりも低価格で修理してもらえるのです。
未加入者では数万円の費用がかかる修理でも、アップルケアに加入しているということで半額未満で修理してもらえるケースも少なくありません。
アップルケアプラスに加入しているのか、自分の保証期間はどうなっているのかを知りたいときは
アップルサポートからシリアル番号を入力し、端末の保証に関する情報を参照しましょう。

iPhoneをアップルに修理してもらう際には、最寄りのアップルケアに持ち込むという方法が最も手軽です。
ただし、アップルストアでの修理においてはウェブページからの予約が必要となっているのでご注意ください。
アップルIDとパスワードをもとに予約することになるので、事前に確認しておきましょう。
アップルの公式プロバイダや販売元のキャリアにおいても、iPhoneを修理してもらうことが出来ます。
このときには予約がいらない場合もありますが、料金や修理の機関についてはアプルストアと異なることも多いので、
こちらもまた事前の問い合わせや確認が必須といえます。
地方にお住いの方であれば、配送サービスを利用するおも一つの手段です。

こちらはiPhoneを宅配業者が回収し、修理が終わった後にまた届けてくれるというものです。
配送に時間がかかるのでiPhoneがお手元に戻ってくるまでの期間は長くなる傾向にありますが、
地方にお住まいなどの理由でアップルストアやアップル公式プロバイダを利用出来ないという人はこちらが強い味方となってくれるでしょう。