iPhone修理に必要な作業

大切なiPhoneが壊れてしまったとき、修理店に持っていくという状況で皆さんがしなくてはいけない手順というものが存在します。
これを事前に知っているかどうかで、修理店に持っていくまでの手間や労力が変わってくるのです。
今回はiPhone修理において欠かせないSIMカードの取り外しについて詳しく見ていきましょう。

アップルストアでiPhoneを修理してもらおうと考えたとき、SIMカードを取り出すという作業が不可欠になります。
なぜかというと、アップルストアにおけるiPhone修理は本体を交換するという手順を踏むことが多く、
SIMカードを事前に抜いておかないとiPhoneに集積したデータや個人情報が失われてしまう恐れがあるからです。
そもそもSIMカードとはどのようなものなのか知らないという人もいるかもしれませんので、ここで解説しておきます。
SIMカードを外すという言葉を聞いたとき、違和感を覚える人の中には自分で嵌めた覚えもないのになぜ外すのかという思いを抱くことでしょう。

iPhoneが壊れてしまった場合どうするか?「iPhone修理のよくある疑問にプロが答える69連発!

SIMカードは多くの場合、iPhoneの購入した段階で本体に装着されています。
そのため、iPhoneユーザーが殊更にその存在を意識することは少ないのです。
SIMカードは大きさによって3種類に分けられます。
標準サイズにマイクロサイズ、そしてナノサイズです。
最新のスマートフォンに良く導入されているのがマイクロSIMというSIMカードです。
iPhoneよりもアンドロイドなどの携帯電話に使われることも多く、標準とナノの中間の大きさをしています。
標準SIMカードは最も大きなSIMカードで古いタイプのスマートフォンによく見られます。
ナノサイズのSIMカードはiPhone5以降のiPhoneに導入されています。
最も小さなSIMカードなので取り外した後は無くさないように注意する必要があります。

このSIMカードにはスマートフォンに関するあらゆるデータが入っています。
本体を物件に例えるなら、SIMカードはそこに住んでいる人のようなもので、SIMカードを入れ替えることで引っ越しが完了するのです。
キャリアショップでiPhoneの機種交換をしている人は、
店員がSIMカードの入れ替えをしてくれているので気づかないことも多いですが、
新しい機種にSIMカードを入れるという作業が機種変更には欠かせないのです。
SIMカードを取り出すにはiPhoneの側面にあるトレイを引き出す必要という手順を実行します。

非常に小さな穴がiPhoneの側面、正確には画面を見たときの右側面に存在するので、
底をペーパークリップなどで押し込みましょう。
トレイが出てきたらそこからSIMカードを外し、今度はトレイをもとの状態に戻してください。
アップルストアでの修理をする際には代替機を貸し出してくれることもあるので、
そちらを利用したいときは今の手順を応用してSIMカードを挿入することになります。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA