iPhone修理の正規店と非正規店の違い

外食をするに際しても、TPOを見極めたお店選びをするのが常識ですよね。
サクッと食べてしまいたいときはファーストフードが便利ですし、
大切な恋人とデートをするなら高級レストランを予約することもあるでしょう。
iPhone修理を業者に依頼する場合には大きく正規店と非正規店に分けられます。
この2つもまた時と場合によって使い分けることで、より便利にiPhoneを修理することが出来るのです。
今回は、iPhoneの正規店と非正規店の違いについて詳しく見ていきましょう。

そもそも正規店というのはiPhoneの開発元であるアップルの認可を受けている修理店です。
具体的には、アップルストアやアップルストアの公式プロバイダなどが挙げられます。
公式プロバイダは家電量販店などに構えていることが多いので、
最寄りのお店にあるかどうか気になる方は、検索エンジンを利用して調べてみましょう。
また、携帯電話の三大キャリアの販売店でもアップルの認可を受けた修理サービスを実施しているところがあるのです。
この正規店の魅力は、何といっても手厚い保証と確かな修理の質です。

iPhoneは基本的に1年間の保証期間がありますが、アップルケアプラスというサービスに加入することで、それを延長することが出来ます。
さらには、バッテリー交換や画面の損傷といったiPhoneの故障を、サービスに加入していない人よりも低価格で行ってくれるのです。
iPhoneは精密機器ですから、壊れてしまったときに自分で直すのは難しいといえます。
いざというときのセーフティーネットとしてアップルケアプラスに加入しておくと、
故障が原因で高い修理費用を払うことになったという事態を避けられるのです。
非正規のiPhone修理店は、アップルストアよりも日本各地に遍在しており、気軽に通いやすいという魅力があります。

アップルストアでの修理は事前の予約や配送サービスの利用が不可欠ですが、
非正規店の多くはお店に直接iPhoneを持っていけばその場で点検、修理をしてくれます。
ただし、修理店によって修理のメニューも違いますし、修理に使用しているパーツが純正品でないことが多いのも事実です。
その代わりに、正規店よりも低価格で、短い期間に修理を終えてくれるのがメリットなのです。
腕のいい非正規店であれば、ちょっとした故障を1時間足らずで修理してくれるというのも珍しくありません。
非正規店は粗悪なまがい物だと決めつけるのではなく、評判や口コミなどをもとに評価したうえで利用するかどうか決めると良いでしょう。
信頼と安心の正規店か、早くて安い非正規店か。
iPhoneが壊れた際にどちらに修理してもらうかは、皆さん自身が置かれた環境やiPhoneを必要とするシチュエーションに合わせて選択してください。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA